読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマ独女の貯金生活

プログラマをしているアラサー独女。家計簿をつけながら貯金に勤しみます。

男性でも化粧水をつけると聞いて

ランキング参加中

こんにちは、シェア猫です。

そろそろ空気が乾燥してきましたね。
秋をすっとばして、冬になりそうなこの頃、シェアハウスの人たちとスキンケアの話になりました。


女性『シェア猫ちゃん、化粧水ってどこの使ってる?』

私『え、マツキヨで買ったオールインワン的なのを…』

男性『いや、化粧水と乳液くらい買おうよ!』

私『え、でも週に2回くらいしか付けないし…』

女性『!?』

男性『OMG!俺でも毎日、化粧水つけてるのに…』



私は、いわゆる喪女です(・∀・)

※喪女=もてない女性のこと

化粧はほとんどしないですし、洋服には興味がありません。
スキンケアは前述の通り、部屋にあるものは食材、ベット、机、パソコンが3台、本、楽器。
料理はお酒が好きなのでおつまみ系が中心、お酒はチューハイより日本酒、焼酎です。

世の中の女性って、凄いですよね。
毎日いろんな液体を顔に塗り、季節ごとに服を入れ替え、エクササイズをしている。
きっと私は、その時間にプログラミングをしたり、本を読んだり、楽器を弾いたりしています。
まぁそれはそれで、充実しているんですけどね(*´ェ`*)


それでも社会人最初の数年は、化粧もしてたし、スキンケアもしていた気がします。
職場にはオフィスカジュアルっていうドレスコードが一応ありましたし。

ところがweb業界にはいってから、一転。
服装や髪型に制限は存在せず、開発部は男性オンリー。
ソーシャルゲームのピーク時だったので、サーバーの負荷対策とかに負われて、終電が当たり前って生活でした。

そして現在は在宅の仕事が中心です。

きがつけば、化粧を週1、2回しかしなくなっていました。ひぃ。


前の会社の社長には
『シェア猫はなぜ化粧をしないのか。』と問い詰められ

前の彼氏には
『その・・・たまにはね・・・』と遠回しに指摘をされ

シェアハウスの住人には
『女性というより、小動物』と人間扱いすらされません



その後に色々と説教を受けたんですが
衝撃だったのが、最近の男性は化粧水塗るんですね。すごい。
確かに汚い肌より、きれいな肌のほうが素敵な気がするので、今年の冬は化粧水を数年ぶりに買おうかと思います。



そしてクリスマスまであと1ヶ月ちょっと…!


合コンのお誘いがくる時期ですよ(゜゜)

喪女でも来るというか、もてないから来るお誘いです。


因みに去年のクリスマスは、合コンした男性陣と気が合いすぎてしまい
渋谷の飲み屋さんを4件はしごした上に、その場で爆睡✕2をしてしまったので
今年は飲めないふりでもしようかと思っています。


良い記事だと思ったら、クリックお願いします(*'ω'*)