プログラマ独女の貯金生活

プログラマをしているアラサー独女。家計簿をつけながら貯金に勤しみます。

わたしはミニマリストよりミディマリストになりたい

以前、シェアハウスに住んでて、ほぼミニマリスト状態でした

物をもたないというよりは、共用のもので充分だっただけなんですが

あまり物をもたずに、外食や仕事に明け暮れる20代でした

因みに勝手に”ミディマリスト”と言ってますが、多くはないんだけど無駄なものも所持してる感じです

コーヒードリッパー2つとかw

お部屋も心もすっきりする持たない暮らし

人は変わってゆく

30代に突入してシェアハウス→賃貸一人暮らし→中古マンション購入

良く分からないけど、この2年で自分でもびっくりするほど変わりました

その中には色んな葛藤もありましたが、素直に変化を受け入れることが出来てびっくりします

ミニマリストが嫌なわけじゃない

タイトルだけだと誤解されてしまいそうですが

決して、ミニマリストがありましたがヤダとか、嫌いってわけじゃないです

もしかすると10年後、ミニマリストになりたいって思ってるかもしれない

でも、今は持たない暮らし、よりも程よい暮らしを楽しみたいのです

仕事の反動かもしれない

システムの開発って、いかに効率よく無駄がなくやるか、コストをいかに下げれるか

こんなことばかり考えています

その反動なのか、最近はコーヒーを自分でドリップしたり、パンを焼いたり手間を楽しむようになってきました

来週は新居に引越し

ほどほどに、素敵な日々を送れますように

持たない ていねいな暮らし

持たない ていねいな暮らし

もたない男 (新潮文庫)

もたない男 (新潮文庫)

広告を非表示にする