読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマ独女の貯金生活

プログラマをしているアラサー独女。家計簿をつけながら貯金に勤しみます。

集中スペースと休憩スペースは共存できるのか?

考え方 プログラマ

エンジニアが集中できない

エンジニアの席が休憩スペースと近い

特にランチの時間は雑談がおおく、笑い声も多い

女性のおばちゃんが多い会社だから、余計にその声は響くのであーる

最速の仕事術はプログラマーが知っている

静かな場所で仕事がしたい、という切なる願い

そんな環境で、ちょっとイライラしながら仕事をする、ともちろん仕事の効率はあがらない

あ、みつかりそう!という時に横から『まーんって知ってる?』みたいな雑音が聞こえて来るのである

もちろん、ランチ中であり休憩時間でもあるので、わいわい話すことは仕方ない

ただ、やっぱり邪魔をされるとイラッとするし、部署間の関係はじわじわと悪化する

一緒に仕事をしている部署ならまだしも、関わることがない”ほぼ他人”の同僚など、邪魔でしかないのだ

オンタイムの人間とオフタイムの人間が共存するのは、難しいことなのだと思う

ただ、静かな場所で仕事したいな、という切なる願いを細々と上長に訴えていた

オフィスに集中スペースを作ることになった

そういった声を何人かが挙げ続けた結果、やっと集中スペースなるものができた

歓喜していた私たちに来たオフィスのレイアウトに、私たちは失望することになる

集中スペースの後ろって休憩スペースじゃねーか

…これって、本当に運用できると思っているの?

休憩中の声がうるさいからって話だっだよね?

私の考え方が硬いって?

いや いや いや

解決しないでしょうよ・・・

人事に私が提示した解決方法

休憩スペースと集中スペースは時間で区切る

結局、朝は集中できないのか…とげんなりしつつも、11時30分から14時くらいに休憩時間を設定してもらい

他の時間は基本会話はしないようにしてもらう

会議室を一つ潰してもらう

商談ルーム兼会議室エリアがあるので、そこの小さい会議室を集中スペースとしてもらう

集中スペースを使っている時は、基本会話は禁止

パーテーションで区切れば、外からは見えない

人事が提示してきた解決方法

パーテーションを立てる

集中スペースと休憩スペースの間にたてるのはどうか

そう言われても、やっぱり”音”という最大の敵はす通りなわけで

個人的には 耳障りな音>他人から無駄に話しかけられる>他人から画面をみられる

なので、パーテーションなんかよりも、音をどうにかしてほしい

静かにするよう呼びかける

てか、なんで今呼びかけないの?

それで静かになるなら、集中スペースはいらないわけでして

他の会社はどうなっているのだろうか

音楽聴くとかも良いのですが、やっぱり笑い声とかは突き抜けてきてしまうのですよね

エンジニアの雑音対策とかありましたら、切実に教えてほしいです