読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマ独女の貯金生活

プログラマをしているアラサー独女。家計簿をつけながら貯金に勤しみます。

現実逃避をしてきました

ランキング参加中

こんばんは、シェア猫です。

先日、シェアハウスの人たちと現実逃避をしようとお出かけしてきました。


こちらは現実逃避先の猫。
観光客に飼いならされ過ぎて、野生失い過ぎてます。

f:id:rascal0403:20131017232019j:plain

寝ているところを触っているのに、全く動きません。
でもかわいい。かわいいは正義だと思います。


事の発端はといいますと…
こないだの3連休に、たまたまリビングで仕事をしていたら
よく一緒に料理を作るシェアメイトさんが、ぐったりした様子でごはんを食べてました。

『ちょっと、風邪っぽくて』

そのあと、職場の愚痴とか、シェアハウスの愚痴とか、よくある流れになったんですが
いきなり彼女が、割と真剣な顔で口走ったんです。

『現実から逃げたい』

まぁそうゆうことなら逃げちゃえばいいじゃん、ということで、なんとなく海にいくことになりました。
シェアハウスって、こういった突発的なお出かけ多いんですよね。

海といっても、電車でいく?でも風邪っぽいなら、疲れてしまうかな。
そんな話をしていたら、シェアハウスのお父さんと呼ばれる人が通りました。
すかさず、腕をがっしり掴んで逃げれないようにして、かくかくしかじか説明。

私は無免許、現実逃避したい子はペーパー。
しかしながら、お父さんはドライブ好きで車も持っている素敵なお父さんです。
ここで逃がしたら、私たちは海にいけないかもしれません。

無事にお父さんを説得し、お昼頃に3人の現実逃避がスタートしました。


岩場が多めの海へ。具体的な場所は独り占めしたいので、内緒です。
ちょっと曇っていたんだけど、これはこれで綺麗。

f:id:rascal0403:20131017232433j:plain

さきほど、TOPに載せた猫もいました。
写真では1匹ですが、5匹くらいがお昼寝してました。
周囲に猫が沢山潜んでいたので、もっと多い日もあるのかもしれません。
風邪とか全然忘れて、2時間程海と戯れ、階段を上り、蚊に刺されまくりました。


その後はごはんかなーなんて言ってたんですが

『夕日がみたいな』

という、もうこれカップルコースだよね?みたいな感じで
お父さんが色々と考えてくれて、無事に夕日を堪能しました。
この時間が一番現実逃避っぽかった。


f:id:rascal0403:20131017232440j:plain

秋っぽい雲で幻想的な感じ。携帯の写真だといまいち伝わらないかも。
あと小さくて見えにくいのですが、鳥居が海に浮かんでいます。


f:id:rascal0403:20131017232442j:plain

夕暮れになると海が赤くなってきて、現実逃避が捗りました。



いやー翌日仕事したくなかったわー。
なんて、文句言うのも楽しかったりするんですよね。

総括すると、海と猫って素敵な組み合わせだよね、ってお話でした。


良い記事だと思ったら、クリックお願いします(*'ω'*)